今週の経済指標 2019年12月9日


先週は結構エントリーはありましたが、金曜日の手動決済が損切りだったこともあり、終わってみれば行って来いでほぼプラマイゼロでした。

今週は「イギリスの解散総選挙」、「FOMC」、「ECB政策金利』など大きなイベントが多くEAにとってはやりにくい週だと思います。

その他、今週の注目度の高いイベントをまとめてみました。

*日本時間表記です


12月10日(火曜日)

18:30         英・月次GDP(GBP)

12月11日(水曜日)

22:30         米・コア消費者物価指数CPI(USD)

12月12日(木曜日)

—–         英・解散総選挙(GBP)

—–         欧・EU首脳会議(EUR)

04:00         米・FOMC政策金利(USD)

04:30         米・パウエルFRB議長 記者会見(USD)

17:30         スイス・スイス中銀(SNB) 政策金利(CHF)

18:00         スイス・(SNB) ジョルダン総裁 記者会見(CHF)

21:45         欧・欧州中央銀行(ECB) 政策金利(EUR)

22:30         欧・ガラルド ECB総裁 記者会見(EUR)

12月13日(金曜日)

—–         英・解散総選挙(GBP)

22:30         米・小売売上高(USD)


特に大きなイベントや指標の前は、保有ポジションの整理や影響の出そうな通貨ペアのEAを止めたりロットを下げたりするとリスク低減になる可能性があります。

>>Free EA Lab トップページへ戻る


XMアフィリエイト




コメントの入力は終了しました。